ニュース一覧

実習量を確認

結婚式

見極めのコツ

ウェディング業界は根強い人気がある業界です。不況時にはウェディングを含む冠婚葬祭は縮小傾向になりますが、それでもゼロになることはありません。近年は価値観の多様化から様々な形のウェディングスタイルが登場してきていますが、オーソドックスで普遍的な形のウェディングを見直す流れも出てきています。ウェディング業界で働きたい場合、特に学歴や資格は必要ないのですが、専門学校に行っておくと就職には有利になります。ブライダル会社に就職して働く人がほとんどであり、そのためには専門学校で知識を得ておくと就活時も働き出してからも有利に働きます。ウェディング専門の専門学校はあまりなく、様々な学科がある専門学校の中の一学科となっていることが多いです。専門学校ごとに学ぶ内容は多少変わりますが、たいていはブライダルの歴史、宗教、料理やセッティングについて、フラワーアレンジメント、衣装、ヘアメイクなどについて学びます。プランナーはこれらすべてを専門に行うではなく、依頼者の要望にあわせて適切に手配するのが主な仕事のため、これらすべてをどこまで深めるかは専門学校により異なります。知識を得ただけでは即戦力とはなれません。即戦力となるには多くの実習をつむのが大事です。そのためにも、実習量が多い専門学校を選ぶのがおすすめです。インターンシップなど、現場に即した実習ならばより身になります。実習がどのようにどれくらい行われるかを確認するとよい学校選びが可能となるでしょう。

Copyright© 2018 専門学校に通えばウェディングの知識が身につく All Rights Reserved.